今日のできごと

2016

時の流れは早いもので、気づけば2016年に突入。
本当に信じられない速さで時は過ぎていくものですね。
光陰矢の如しって、「矢」なんてレベルではないですよ。
光陰光の如し!

2015年は実に、実に、実に!!
いろいろなことがあり、充実した年でした。
とはいえ2014年もいろいろなことがあったので、きっと2016年もいろいろあります。

さて、今年は原稿書きからスタート。
文章を仕事にしていた前職から離れて1年2ヶ月。
確実に文章を書くのは遅くなり、なんというか「ヒラメキ」がなくなりました。
前だってそんないい文章書いていたわけではないんだけど。。。
そんなわけで、閉鎖状態だったブログを再開。
このメモのようなブログが効果を発揮してくれるのかわかりませんが
今年はちょっと更新してみようかしら。

ところで肝心な原稿はまだ終わっていないので、
私の正月はまだ来ていないようなものです。
はー、早く晴れ晴れとした気持ちでビール飲みたい。

写真を整理していて出てきた素晴らしく美しい四万十川。
学生時代の一人旅。はー旅立ちたい。
e0084605_20121679.jpg

[PR]



# by fuyucology9 | 2016-01-03 20:27

おひさまになりたい

息子を見ていると、戦争をしたいというのは、
「男」の本能なのかと思う時がある。
メディアや友達の影響もあるだろう、武器めいたものにやたらと興奮し、
たたかいごっこ等、暴力的なことこの上ない。
言葉づかいもあらすぎる。
今朝は甥っ子(4歳児男子)に「今日も○○くんを叩こうよ」と提案するという悪巧み。
私が猛烈に怒り、息子が泣き出して収束。
甥っ子は言い逃れ。
はあ。

そんな息子でも、保育園で歌っている歌を家でも歌ってくれる。
その歌が胸に染み入る。


保育園の担任の先生が好きで、こんな気持ちになるんだとか。

安倍首相率いる自民党は、3、4歳児がそのまま間違えて大人になり、
本能で政治をしているのではないかと思うときがある。
でも、幼い頃には、「おひさまになりたい」気持ちも持っていたんじゃないのかな。
それを忘れたか。もともと持っていなかったのか・・・。

息子には、「おひさまになりたい」気持ちを忘れてほしくない。
戦いよりもずっと大事なんだぞ。
[PR]



# by fuyucology9 | 2014-07-03 00:37

我が家に女子来たりし

9月13日、我が家に娘が誕生した。

予定日から1週間経過。
予定日からの1週間は長かったー。
私も家族もまだかまだかとソワソワし、
予定日前後で10日近く取っていた夫の年休も終了し、
そんなにお腹にいたいならずっといればいい!としびれを切らしていたその頃に、
彼女はやってきた。

2人目のお産は軽いよ~。
陣痛開始から2、3時間。
2回いきんだだけで産まれた。

ほうほう、2人目はそんなにらくなのか。

って全然違うやんけ~~~!!


でも、分娩時間は1人目のときより半分になってたから、
やっぱりらくといえばらくだったのかも。

1人目よりは。

待ちに待った陣痛が始まり、
入院したのが午後3時過ぎ。
「暗くなる頃には産まれるだろう」と言われ、期待。
「暗くなるころには。暗くなる頃には。」と頭の中で繰り返しながらひたすら耐える。
が、暗くなってもなんだか出てくる気がしない。
5時をまわり、6時をまわり、、
あれ?まだか?
7時をまわる。
「まだですか?」

「まだだね」

・・・・・・

がちょーん。




もう、無理っす。


そのとき、どこからかウルトラマン80がやってきた。
e0084605_22312821.jpg

「きーみーはだれかを愛しているか~。それが生ーきってるこーとーなんだー。」
ドア越しに息子が歌っているではないか。

それに言葉を返すほどの余裕はなかったが、
母は頑張った。
頭が出たり引っ込んだりを繰り返した時間が
超ウルトラスーパー長く感じた。

しかし、午後9時38分・・・・・・

e0084605_21496100.jpg

どーん。
と3566グラム。


あれから2ヶ月がたち、むくむくと、あ、ちがった、すくすくと成長している彼女。
e0084605_22343086.jpg

かわいく写真を撮るのに苦労したぜ。

e0084605_2235136.jpg

この写真は11月に産まれた甥っ子と。
2人ともなんだか天使みたいだな~と思ったが、
娘は重くて飛べなそうだな。

もうすぐ3歳になる息子。
ウルトラマンをこよなく愛している。
e0084605_22491746.jpg

三度の飯よりウルトラマン。
寝ても覚めてもウルトラマン。
寝言もあいさつもウルトラマン。
(産院で撮ったこの写真の右上のテーブルの上にもウルトラマンと怪獣ゴモラが。)

いつまで続くのかわからないけど、
彼がウルトラマンを卒業しても、
私は毎年9月13日に、
きっとウルトラマン80を思い出すんだろうな。
[PR]



# by fuyucology9 | 2013-11-21 22:55

臨月

2人目を妊娠し、早くも臨月となりました。
あっという間に産休に入り、出産予定日まであと1週間。
体があちこち痛みます。
前回もこんなだったかなぁ。まったく思い出せず。

それにしても、毎日facebookで入ってくる情報や新聞を読んだりしていると、
まるでポジティブな気持ちになれず、
こんな時代のこんな国で子どもなんてつくってしまって(しかもすでに1人産んでいる)
はたしてよかったのか、という気持ちになってしまいます。

300トンの高濃度の汚染水恐すぎです。
TPPで大量に入ってきそうなGM作物恐ろしすぎるんですけど。
派遣法改正…子どもたちが大人になったころ、「まともな労働」は存在するのか!?
ひー!
『はだしのゲン』読ませろー!

そんな感じですが、今年は私の周囲も出産ラッシュなので、
みんなと話し合いながらなんとか子どもたちが夢を描ける社会を
築いていかねばと思います。

e0084605_11594613.jpg

昨晩、ウルトラマンをにぎって寝た息子。

もはや藁にもすがる思いといいますか。
助けてくれ、ウルトラマン。
地球の平和を守っておくれー!
[PR]



# by fuyucology9 | 2013-08-30 12:05

5年前

数日前、5年以上前に書いていた日記を発掘してしまいました。
読みながら飲むのが、ちょっとしたマイブームになりつつあります。
本当に赤裸々に私の思いが書かれているのでおもしろいのですが、
もし私に近日中になにかがあったとして、
だれかにこれを読まれたら心の底から恥ずかしいのでこれを機に処分を考えています。
日記っておもしろいけど、本当に怖い。

日記を読んでいて思ったのは、当時の私の恋愛エネルギーが爆発していて、
マンガを読んでいるようでおもしろかったこと。
仕事にかんしては、今とまったく同じことで悩んでいて、歳ばっかとって中身変わってないのかよ、
とがっくりきてしまいました。
どんな悩みかといえば今の仕事は本当に私に向いているのかということ。
最近読んだ小説に、仕事で悩む娘にたいする父親の「どんな仕事でも真面目に取り組んでさえいれば、やがては自分だけの何かが見えてくるものだ」という言葉があり、励まされていたのですが、
日記の当時は、「向いてる向いてないって考える前に、とにかく嫌でもやってみる。そうしたら気づくこと、わかることがある。やり続けていたらふっとわかる。自分もそうだ」
というその頃つきあっていた人の言葉に励まされていた。
なんてこった。
変わってねー。
あれ、まてよ。
私、今の仕事をかれこれ7年続けてきたけどまだ何も見えていないのか・・・?

父が言っていた。
同じ仕事を30年やってきて、辞めた今思えば、向いてなかったなと思うと。
向いているかいないかってことはだいぶ先までわからないことなのかもしれない。
そしてわかったとしてもそれが本当かどうかはわからない。
そもそもどういうふうに評価するのか。

ってことは、来年も再来年も同じことで悩んでいる私がいるのだな。
いやはや疲れるな。

人生とは。
[PR]



# by fuyucology9 | 2012-10-19 23:55

グルメ日記その3-究極の刀削麺対決

相変わらず辛いものを食べ続ける私です。
それにしても辛いものがうますぎてどうしようもありません。
私生活に刺激が足りないのかな。

さてさて、今回は刀削麺の登場です。
e0084605_23254767.jpg

どーん。
こちらは鐘楼(じょんろう)のサンラー刀削麺。
鐘楼は刀削麺と火鍋が有名ですが、火鍋は辛くて辛くて辛い(からくてからくてつらい)です。
火鍋は夜のメニューですね。
ランチはいろいろあるようですが、私はこの刀削麺しか目に入りません。
辛さと酸っぱさが絶妙で、ん~たまりませんな。

お次は・・・
e0084605_23335364.jpg

どーん。
こちらは小星星(ショーシンシン)のマーラー刀削麺。
ここでは坦々刀削麺とマーラー刀削麺と両方食べるのですが、
坦々のほうがおすすめです。
マーラーは辛くて舌がしびれます。
(店員さんいわく、どちらも辛さは変わらないということでしたが・・・。)

鐘楼、小星星。
この二つの刀削麺。
どちらともよく食べるので甲乙をつけがたいのですが、
という観点からいえば、
ぶっちゃけ鐘楼のほうがうまいです。
これは確実。
しかし、しかしですね、鐘楼はランチタイムも喫煙可なんですね~。
自分が食べている横でタバコを吸われた日には、
刀削麺もおいしさ激減です。
これは笑いごとではなく、マジな話です。
一方、小星星は外に喫煙所があり、ランチタイムは禁煙です。
タバコを考えると、小星星のほうが断然うまいです!!!

ちなみに値段は両方とも700円。
そして小星星には杏仁豆腐もついてくる!

となると、小星星によく行ってしまいますね。
喫煙可の店でタバコを吸っている人にたいして、
ちょっとあなた、とはなかなか言えないものです。
[PR]



# by fuyucology9 | 2012-09-21 23:48 | 食べもの

命の洗濯

よくわからない体調不良が断続的に続き、なんなのだろう(まあでも大丈夫だろう)と思っていたそのとき、
同じ症状を経験した友人が「温泉に入るとラクになる」と言っていたのを思い出し、
急遽、温泉旅行を企画し行ってきました。
名付けて「命の洗濯旅行」です。

たまたま連れあいのあきちゃんが土日休みだったので、
初の家族旅行となりました。

あきちゃんに
「土日で温泉に行かないか」と言ったとき、
「いいけど、なんで?」と聞かれたので、
「命の洗濯だよ」と言うと
「命をどうやって洗濯するの?」
と普通に返されました。

そんなこんなでスタートした命の洗濯旅行。

1日目は息子のために、あわしまマリンパークに行きました。
e0084605_23105547.jpg

初めての水族館に大興奮の息子でありました。
この写真は、「な!」(魚のこと)と叫んでいるところです。

少々奮発して、露天風呂付の部屋に泊まりました。
e0084605_23133055.jpg

そこからの眺めはこんな感じ。
e0084605_23143359.jpg


海を見ながらお風呂に入るのは、大学時代に住んでいた別府以来かな。
まさに「命の洗濯」でした。
息子が寝た後に大浴場の露天風呂に入り、
星と海とを眺めながらピースボートを思い出した私でした。
波の音が聞こえる生活っていいなぁ。

しかし、あきちゃんは、いつも津波を恐れていて、
今津波が来たらどこに逃げるか、そればかり考えていました。

e0084605_2319477.jpg


2日目は堂ヶ島まで行き、船に乗りました。
e0084605_23203162.jpg

西伊豆の海もきれいですね。
本当に命が洗われる思いでした。
e0084605_23264643.jpg

ライフジャケットの着用を嫌がる息子。
船上では常にこの顔をしていました。

やはりたまには、海を見てきれいだなと思ったり、
温泉つかって気持ちいいなと思ったり、
そういうことをしないとダメだと思いました。

あきちゃんは、私を気遣ってか、
事あるごとに「洗濯できた? 命」と聞いてきたので、
「まだ洗いの段階」
「今すすぎに入った」
「脱水してる」
「これから干す」
とその度に答えておきました。

旅行そのものは非常に満喫したのですが、
一方で、こんなにも美しい海を汚染した(駿河湾はまだマシですが)福島原発事故は、
まさに命の汚染だと思いました。
海が美しければ美しいほど、なんてことをしてしまったのだろうと悲しくなるのでした。
放射能で汚染された命は洗濯できないので、
せめてもう原発は止めなければならないと、強く思った西伊豆旅行でもありました。
[PR]



# by fuyucology9 | 2012-09-10 23:39 |

グルメ日記その2

またまた新しいインド、ネパール、スリランカ系のお店が職場近辺にできたと知り、
早速行ってきました。

その名も「アジアンダイニング&バープージャ」。
ありきたりと怪しさを兼ね備えた名前ですな。
しかし、バープージャってなんだろう・・・。
と思ってたら、
ダイニング&バーで、
店の名前はプージャでした。
プージャは供養とか祈りとか儀式とかという意味があるようですが、ますます怪しげ。

さて、肝心なお店は・・・
雰囲気としてはいたって普通でした。

e0084605_22433358.jpg


カレーランチはエビカレーを注文してみました。
むむむ。
うーん。

結論から言うと★★★、星3つといったところですな。

まず、このナンの真ん中にへんちくりんな鶏肉がのっているのが笑えます。

お!と思った点。
○辛さを選べるが、値段は変わらない。
(私は辛口を選びましたが、そこまで辛くはありませんでした。)
○ナンがおかわりできる

へ?と思った点。
○テーブルの上に、まるで定食屋にあるような箸がたくさん入れてある箱があり、開けたら割り箸があった。
○カレーなどがのっているおぼんがまるで定食屋。

う・・と思った点。
○サラダの上にワカメがのっている。ここでワカメはないだろう。
○サラダのドレッシングがなんとも甘い。

接客をされている店員さんは、私より日本語うまいかというくらい上手でした。
その方のスカートの柄が非常にかわいかったです。

カレーの味は・・・そうですね、ま、普通です。

600円くらいでテイクアウトもできるみたいです。
そっちのほうがいいかな~。
[PR]



# by fuyucology9 | 2012-09-06 22:47 | 食べもの

グルメ日記その1

集中しないとできない仕事が多くなればなるほど
昼ご飯を充実したものにしないと気が済まない私であります。

仕事に奮闘している最近は、本当にいろいろなものを食べてますね。
とりわけこの夏は辛いものをやたらと食べました。
なかでもカレー率は高かったですねー。
夏といえばカレー、カレーといえば夏。
カレーのうまさをここぞとばかりに実感しますね。

私の職場がある水道橋、飯田橋、神保町界隈には、インド、スリランカ、ネパール系の
カレー屋さんがたくさんあります。
もちろん作ってるのはインド人、ネパール人、スリランカ人。そしてときどき日本人。
まるで私のためかのように店がたくさんあるわけで、
働き始めて1~2年のうちにだいたいのカレー屋を制覇しました。
そのなかで、1位2位を争うお店を取り上げてみたいと思います。
ちなみにカレー批評に関しては辛口の私から言わせれば1位2位のカレー以外はまったくもってダメですね。
ついでに言うと、カレーの好みも辛口ですね。

その辛口の私が絶賛する辛口カレーがあるお店。
千代田区は西神田にある「シャンティ」です。
e0084605_22374539.jpg


e0084605_22384931.jpg


カレーランチは、5種類のなかから選ぶことができ、
それに合わせる炭水化物もナン・ロティ・バターライス・(あとなにがあったかな)・・などから選べます。
飲みものもチャイ・ラッシー・コーヒー・(あとなにがあったかな)・・・などから選べます。
辛さもmild/medium/medium hot/hot・・・、
ま、甘口、普通、ちょい辛い、辛い、もっと辛いから選べるというわけです。
しかし、この各辛さレベルの差が半端ないんです。
私はいつもちょい辛を食べるのですが、これがだいぶ辛い。
でも普通は普通すぎて辛いの「か」の字もないわけです。
この差には驚かざるをえない私です。
この間に2段階程必要ではないでしょうか!
初めて行く人は要注意です。
私からのアドバイスとしては、
とりあえず普通を頼んで、物足りなければ辛くしてほしいと言うのが無難だと思います。
甘口を辛くすることは容易ですが、辛いのを甘くするのは困難を極めると思うので。
でもこの店は辛さで値段も数十円変わってきます。

ちなみに私の定番は
エビカレーのmedium hot・ナンで、飲み物は(夏でも)ホットチャイです。
辛いカレーの後の甘いチャイ。
ツンデレとでもいいましょうか。
たまりませんな。

接客も程良く大雑把で、無愛想でなんとなく現地の風を感じます。
これもまた良いのです。

これで午後の仕事も頑張れるというわけです。

平日はお昼時に行くと混んでいて並ぶこともあるので、
1時まわってから行ったほうがすぐに入れます。
[PR]



# by fuyucology9 | 2012-09-05 22:44 | 食べもの

アベさん

最近まで「情操教育」という漢字を「上層教育」だと思っていた・・・。
がちょーん。

e0084605_2234791.jpg


薬局のおもてにいた「アベさん」。
[PR]



# by fuyucology9 | 2012-07-28 22:04 | おもしろいもの
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧